2010年03月02日

シンポジウム無事終了!

ということで、先日2月27日に行われました
まちづくりシンポジウムは無事に終了しましたface01
その報告です(^_^)


1部は事例報告会ik_20

私達が開催しているオープンカフェ。
粉河寺周辺とんまか通りで、粉河高校生が地元密着で開催しているオープンカフェ。
田辺市上屋敷で就業支援と地域のコミュニティスペースして始められた町家カフェ上屋敷二丁目。
海南市で毎週金曜日にオープンしているコミュニィティレストラン シュフ・シェフ   

の順に4つの事例報告。

      icon15  カフェWithの事例報告の様子です。

     写真暗くてちょっとわかりにくいですねface07

      ちなみに2009年度の代表(右)と副代表の二人が発表しましたicon12


続いて2部は、マスコミの方々も入ってのパネルディスカッションik_20

どうすればマスコミにとりあげてもらえるのか?

というのが活動をしているものにとって、いつも持っている悩みでは・・・??icon11
きっとマスコミ側には、何か「これさえあればik_20」という飛びついてくるキーワードがあるのでは・・・

そこで今回、電波媒体のNHK、紙媒体のニュース和歌山、そしてタウン誌のアガサスから

合計3名の方に出ていただき、パネルディスカッションを行いました。

やはり、新規性がないと取り上げられない とのこと。
とはいえ、ずっと長い間継続して活動しているところも応援の意味で取材できないのだろうか・・・とか、
ムリに新しいことをするのが本当のまちづくりなのだろうか なんていう意見も出ました。

活動している側からは、マスコミにはしっかりと時には一緒に活動して取材して欲しい という意見も。
これに関しては、冷めた目線でいることが大事で、入り込みすぎると冷静な判断ができなくなる 
というマスコミの意見でした。

切り口は何か?
取材されることによって、逆にその団体が新たな気づきがあり方向性が変わることもあるとかface02
やはり、「つなぐ」。ということがキーワードなのだと思います。

離れた場所の点と点をつなぐ ⇒ その途中にも新たに点をつくる  ⇒ 点と点をつなぐ動線をつくる
その役目はメディアである という結論に至りました♪


ぱちぱち拍手で終わるのはやめにしよう!ということで、結構白熱した意見が出て
聞きに来てくださった方々のアンケートでも「白熱したバトルが面白かった」との意見が多数icon10
有意義なシンポジウムになったのではないかと思います。


                 集合写真です。




最後に、ご来場していただいた皆様、ありがとうございました。

また、事前準備をしていただいたわかやまヒューマンカレッジアフターの会の皆様
おつかれさまでした(>_<)


はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加
goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
同じカテゴリー(スタッフ日記)の記事画像
本日の昼のカフェWithを写真で!
まちづくりカレッジ2009in名古屋!2日目
まちづくりカレッジ2009in名古屋!1日目
2009年度のカフェWithはすべて終了しました
写真でつづる12月6日のカフェWithpart7
ちいきっずWithカフェ無事終了しました
同じカテゴリー(スタッフ日記)の記事
 本日は「みんなの学校」開催 (2010-07-11 11:44)
 本日の昼のカフェWithを写真で! (2010-07-10 18:40)
 次回のカフェWithは6月13日&10月からは? (2010-05-28 11:41)
 5月9日は旧ジョーシン跡で出張出店! (2010-05-05 12:53)
 まちづくりカレッジ2009in名古屋!2日目 (2009-12-15 13:04)
 まちづくりカレッジ2009in名古屋!1日目 (2009-12-14 17:55)

Posted by 「With」スタッフ at 01:46│Comments(0)スタッフ日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。